p1_20111119.jpg●挙式を終えて

1年間という準備期間のなかで、一瞬と感じるくらい結婚式は楽しくあっという間の時間でした。 フラワーコーディネーターと何度も打合せを重ねてきたブーケや装花も出席したゲストより「二人らしかった」と言っていただき自分たちらしさを十分に表現できたと思います。
披露宴では専属フローリストの赤井さんのデモンストレーションで入場直前の会場の雰囲気を一気に盛り上げていただき、ゲストからの素晴らしい映像のプレゼントの数々に魅了され、ゲスト全員からの祝福に囲まれて想像以上の結婚式で大満足でした。

●これから結婚式を迎えるカップルへ

準備は、当日が近づくに連れて必ず忙しくなってくるので出来ることは早めに取り掛かった方がいいと思います。 また自分たちがやりたい事や思いはコーディネーターさんにしっかりと伝えた方がいいです。それをコーディネーターさんが必ず叶えてくれます。 直前まで悩んだ映像や写真などの商品も一生に一度だからと思い頼みましたが、結婚式が終わって初めてその商品の価値や素晴らしさに気付くことができ、最後までこだわってよかったです。 特に映像は多くのゲストが涙するほどの素晴らしい映像に出来上がりました。
その他の商品も、沢山の選択肢の中から選ぶわけですがゲスト一人ひとりのことを考え納得いくまでこだわった方がいいと思います。そして1回しかない本番を最初から最後まで思う存分楽しんでください!

**********

p2_20111119.jpg【担当コーディネーターより】

ファッションや、ショーの演出のお仕事をされているお二人。 毎日忙しい仕事の中でも、席順から演出まで、とてもこだわりを持って当日まで準備を進めてきました。 こだわりのせいか、他のお客様よりも迎賓館にお越し頂く回数も当日が近づくに連れ多くなりましたが、私はお二人の「最高の結婚式にしたい」という思いと、一つ一つの商品へのこだわりを強く感じました。
結婚式では、大切なゲストにこれ以上無い最高の祝福を受けるお二人を見て、多くの「絆」を感じることができました。 ショー(結婚式)で「主役」になったお二人と同じ時間を過ごせたことが本当に嬉しく思います。博章さん、尚子さんおめでとうございました!


コーディネーター 寺田祐介
常に心掛けていること:お客様との会話・コミニケーションを大切に。ちょっとした話から結婚式に繋がるヒントがある。そして常に二人と共有・共感をすること。