●挙式を終えて                                
式場を決めてから約3ヶ月半しか準備期間がなく、毎日が時間に追われてました。
また、2人の休みの日がなかなか合わず何か不備がないか、ゲストの方に楽しんでもらえる式になるか前日まで不安がありました。
当日は、雲ひとつない快晴で「よし、今日は楽しもう!」と2人で話しをしました。
時間のない中、友人には手作りのものを作ってもらい、そして担当の山﨑さんにはたくさんのサポートをしていただきました。
きっと当日も私たちの見えないところで走り回ってくれていたのだと思います。
衣装の繁野さん、美容の廣田さん、カメラマンの宮井さん、映像の田坂さん、サービスの玉置さん、みなさんとても頼りになる方々で・・・本当に周りの人に恵まれ支えられ迎えることができた5月2日でした。
「楽しかったね」と2人つぶやきぐっすりと眠ることができました。
お腹の赤ちゃんもこの日は1日コロコロ動き回り楽しそうでした。

本当に「感謝」の一言です。

150502kb-1074.jpg●これから結婚式を迎えるカップルへ                                
迎賓館は緑が多く時間を忘れるほど、素敵な空間です。スタッフの方はとても気さくで頼りになるので不安なことがあっても、必ず自分達の願いを、そして良い結婚式を叶えてくれると思います。                                

**********                                
【担当コーディネーターより】                                
初めてお二人にお会いしたのは、1月17日。両家の御顔合わせの後にそのままご見学に来て下さいました。
新郎様側が千葉からお越しでしたので、新郎様と新婦様、新郎両親様でご見学後に4名でお食事もして頂き、御話をさせて頂きましたので、すごく印象に残っております。
その後、約3か月半の準備がすぐにスタートしました。
実は新婦様のお姉様も3年前に同じ会場TeRRasseにて披露宴を挙げて下さっております。
ご姉妹で同じ場所でお手伝いが出来る事に感謝の想いと、大変なプレッシャーを感じました。
そして、新婦様はご懐妊されていましたので、あまり無理のないようにという点も重視しながら進めてまいりました。ですが、パワフルなお二人でしたので準備期間が短かったのが嘘のように、色んな準備や飾り付け、進行内容と、全てにおいてしっかり内容の濃いものに仕上げることができました。
進行の中でも、新婦のお姉様とお父様のピアノとアコースティックギターを使っての余興は本当に素敵でした。
曲は秦 基博さんの『ひまわりの約束』。お父様が心を込めて歌うお姿に、娘さんの為に沢山練習をされたんだなあと、胸にこみ上げてくるものがございました。
記録の映像も残して頂いておりますので、これからお生まれになるお子様が、きっと何年後かにご覧になる事があるのだろうなと思うと、幸せや感動はずっと続いていくんだなーと感じて何だか嬉しくなりました。                             

150502kb-693.jpg他にはお写真にもあるように、新郎様が大のONE PIECE(アニメ)好き!!
会場にも所狭しと沢山のフィギュアを飾りました。
初めの入場の際にもお二人の愛車で、そして曲もONE PIECEの主題歌で入場♪
大盛り上がりで入場となりました。新婦様も呆れる事無く、一緒に楽しんでいらっしゃいました。

TeRRasseは新郎新婦で家を建てるように、お二人が一緒になって披露宴を創りあげていく感覚が強いなーと改めて思いました。その点がゲストに温かさとおもてなしの気持ちをしっかりお伝えできるTeRRasseならではの良さだとも思いました。                                
是非新郎様には海賊王ではなく、家族王になって頂きたいと思っております。                                
これからお生まれになるお子様と、新婦様を守り、素敵な家庭を築いて下さいね。                                
では、お二人、ご両家様にとって待望の赤ちゃんがお生まれになったら、絶対にお越しくださいね。                                
弘さん、尚子さん、本当におめでとうございました。

コーディネーター    山崎 翔                        
新郎新婦様から安心してもらえる存在になる事、そして信頼関係を築く事。その為に常に私の心の扉をオープンにしてお二人の声をお聞きするようにしています。お二人にとって、ご両家様にとって大事な一日に携わらせて頂けている事への感謝の気持ちを忘れないようにしています。